容貌・雰囲気に裕福さが無くなった

出会った頃は、仕事の関係もあって経済的にも余裕があったのだと思います。
学生の頃から比較的余裕のある暮らしをしていたみたいで、社会人になっても同じように、ゆとりのある生活をしていたみたいです。
サイフもずっと親が握っていて、必要な物はわりと自由に買ってもらっていたのだと思います。
そのせいか、容貌や服装に貧乏っぽい感じはあまり感じられませんでした。
仕事の会合等があると、自分の好きなブランドのスーツを着て出かけて行き、私服にも自分なりのこだわりがありました。
お洒落ではありませんでしたが、着ている服がけっこういい値段だったせいか、身体全体に裕福さを感じさせるものがありました。
仕事の変化と共に、今ではすっかり裕福さは消えてしまいました。
生活感が本人の容貌や雰囲気まで変えてしまったと言えます。
出会った頃より安っぽい服を着ているせいか、本人の雰囲気もそれっぽい感じになってしまいました。
今ではとてもその容貌や雰囲気からかつての裕福さは感じられません。